スタッフブログ

今日は、美濃島です。
久々にインテリア雑誌I’m homeを買いました。
理由は表紙の猫です。
ネコってインテリアの一部だったのかと思いました(笑)。


ただ、猫の爪とぎで建具の表面などが、ボロボロになるという話も聞きます。
弊社では、無垢フローリング、無垢建具が標準なので、ネコの爪には結構強い方ですが、油断はできません。
しかし、動物写真家岩合さんの世界ネコ歩き(NHK)を見ると、ネコってやっぱりインテリアの一部になっていますね。ネコ好きな方は弊社のおすすめする「静電気の少ない自然素材の家」とは相性が良いと思います。

今日は、美濃島です。
岡谷ホームズでは、設計事務所とのコラボによる作品を手掛けることがあります。

今回ご案内しますプロジェクトがそれになります。






これはイケてますね。
高低差を利用して、かつ建物をクランクさせることで、コートハウスのような庭が良いですね。
また進捗をお楽しみに。

今日は、美濃島です。
先日とあるお宅で遮熱塗料ガイナを塗りました。
塗るローイーというタイプのガラス面に塗る透明タイプのものです。

住宅おいて熱移動の半分以上が窓から行われています。
特に夏の太陽の光は近赤外線を介して熱を伝えるのですが、トリプルガラスのサッシを使用しても
近赤外線は透過します。

特に大きな窓の家などでは、この近赤外線の吸収を減らすことで、温度上昇を妨げることが出来ます。

マンションなどで夏の暑さ対策に使うといいなと思います。





今日は、美濃島です。
このところ、急に肌寒くなってきたなと思われませんか?

お待たせいたしました。
弊社展示場では光冷暖の暖房運転を開始しました。
お客様の反応も上々で、皆様、心地いいねえと言われます。

今年も八事展示場で光冷暖の暖房をご体感下さい。





今日は、美濃島です。
昨日、家相相談会を行いました。

お客様が少なかったため、個別相談のような形になりましたが、
お役にたてたようで、良かったです。

また機会があれば第二弾をしたいとおもいます。


今日は、美濃島です。
10月の半ばだというのに室温25℃です。
日本はいったいどうなってしまうのでしょうね。
ですが、これからは一雨、一雨と冬に向かってゆきます。

今日も雨でしたが、8月にお引渡しをさせていただいたお客様のお宅におじゃましてきましたところ、
漆喰の外壁が雨に映え、大変素敵でした。


今日は、美濃島です。
今年のノーベル文学賞をカズオ・イシグロさんが取られましたね。

私は小説は読んだことはありませんが、映画はいくつか拝見しました。
特に日の名残りはDVDをアマゾンで購入しました。

ダーリントン卿の役柄のジェームズ・フォックスという俳優が好きで。今回もいい味をだしています。


Amazonより

他にイシグロさん原作の映画では上海の伯爵夫人という映画も良いです。
真田広之さんが日本の軍人の役ででていますが、いい味だしています。

今日は、美濃島です。
今度、以前より興味にあった塗るローイーという塗料をある物件で使用する予定です。
ガラス面に塗る遮熱・断熱塗料なのですが、ガラス面に塗るだけで、断熱、遮熱の出来る優れものクリアー塗料ということで、そんないいものがあれば天窓に塗ったりとリフォームでもっと広がっているのではとおもいつつ、実際のユーザーにお聞きすると
「すごい!」という感想でした。

実は自宅の窓でも使ってみたいと思っています。


今日は、美濃島です。
今日は秋分の日ですが、久々に暑い日となりました。
残暑という言葉も今日にお秋分の日以降は使わないそうです。
たとえ明日は猛暑日であろうと、暦では秋のためです。
というわけで、今回は秋らしく食べ物の話をします。

中区錦にある炭火焼のお店「まつざか」さんというお店がありまして、たまにお昼に行きます。



2店舗あるのですが、先日は1号店の方に行きました。
和豚の焼肉と牛ステーキ定食がありまして、写真は牛ステーキ定食です。ここで昼を食べると、満足するのか、夜食はいりません。(あくまで個人的な感想です。)

短い期間ですが秋をエンジョイしたいですね。


土地探しをする際、南道路に面した土地よりも北道路に面した土地が個人的にはお勧めです。
というのも50坪~60坪であればという条件の場合ですが、例えば60坪の土地ですと間口が10mの場合、奥行が20mとなります。


間口10mの土地には4間(7.28m)程度の幅の家が建てられますが。玄関部分を南に持ってくるとせっかくの南面リビング、ダイニングがその分狭くなってしまい、また大きな窓を配置すると、
家の中が丸見えになってしまいます。

逆に北道路に接した家であれば、南面を大きく取れる他、北側に玄関以外にトイレや洗面などを
配置でき、外からも覗かれず、お洒落なデザインの意匠の家がつくりやすいと思います。
また南面と比べて価格も抑えられるため、北道路に面した土地は個人的にはお勧めと言えます。


北道路プラン例